感謝の気持ち

ご家族の皆様へ

お父さん、お母さん、そして奥様 いつも誰も気づくことのないところでご協力本当に有難うございます。
朝早くからの弁当を作る、お母さんや奥様、また壁にぶつかり悩んでいるときに人生の先輩として助言やアドバイスをして頂いているお父さん。
各従業員がいつも元気で一生懸命に働けるのもご家族の皆様の支えがあるからこそできることだと心から思います。
これからも大事なお子様そして旦那さまとベストラインは目標と夢に向かい精一杯 頑張っていきたいと思います。
今後とも宜しくお願い致します。また、日々の運行などでどうしてもご心配されるのが「事故」だと思います。弊社では事故が起きる可能性が

1%でも軽減できるように2ヶ月~3ヶ月に一度、講師を招き「安全運転講習会」を開催させて頂いております。
車両面でも乗務員さんが少しでも安心して頂けるように「カーナビ」「バックカメラ」「SRS」「衝突被害軽減ブレーキシステム」等

を導入しています。

画像3.jpg画像2.jpgIMG_1923.JPGIMG_2064.JPG

安全への取り組み・・・会社としての責任

ご家族の皆様にとってはやはり事故などの心配が常に頭から離れることが無いことだと思います。
ベストラインではご家族にとって少しでも安心できるように職場環境への配慮を怠りません。

● バック中 物にぶつかる、人をはねる等考え出したらドキッとします。少しでも従業員が安全に
バックできるように、トラックの後方確認用にカラーバックカメラを装着しました。

● トラックにもABSブレーキが標準装着されています。これで万が一の急ブレーキにもタイヤが
ロックされず、追突事故などの確立をさげます。

● 乗用車では当たり前ですが中々トラックには無かったのですが、万が一の事故でもケガの
防止に有効なエアーバック。

● 全車両にドライブレコーダー装着完了。これで被害事故の証拠もばっちり撮影。

運転適性検査・・・・・自分自身のおごり

自分自身では何も問題はないと思いがちな運転。。。。
ベストラインでは独立行政法人自動車事故対策機構による一人ずつの適正診断を受診して頂きます。
「判断・動作のタイミング」「動作の正確さ」「注意の配分」「危険感受性」「他人のたいする行為」「気持ちのおおらかさ」「協調性」「感情の安定性」などすべて診断してもらいます。

健康診断・・・・・・自分と家族への安心

視力低下、肝機能障害、ヘビースモーカー、脳こうそく、血液検査など突然の病気。。。
通常勤務は年1回、夜間勤務は年2回 体に異常がないかしっかりチェック。

BDC親睦会 ベストラインドライバーズクラブ・・・・・・心のリフレッシュ

ドライバー達がBDCを創設し年数回の家族様もご参加していただき(参加自由)100人~150人規模のBBQ大会や

ソフトボール大会またフットサル大会等、さまざまなイベントを開催しております。もちろんご家族様も参加可能です。
またドライバーの親族の冠婚葬祭などのご祝儀やご香典も各自ドライバーがする必要がなくBDCの事務担当が全て致します。
※ややこしい人間関係やお金の事で悩む必要なし。。。

 

 IMG_1534.JPG IMG_1270.JPGIMG_0225IMG_0266

IMG_1533IMG_1471IMG_1459IMG_0233IMG_0230IMG_0267

IMG_0240IMG_0248IMG_0255IMG_0251IMG_1450

 

ボランティア活動・・・・・・・社会への恩返し

ベストラインは年1回の空き缶拾いや春・秋の交通安全啓発活動に積極的に取り組んでいます。
また、十津川・野迫川村にもベストラインとBDCから寄付をさせて頂いております。

最後に・・・・・・

ベストラインはご家族の皆様たちが少しでも安心できるように安全を考えています。
これが全てだとは思いません。少しずつ少しずつ前進しみんなが心底笑顔をだせるような職場環境をつくりたいと思います。
実際に入社して三カ月ほどで退職を希望する方も中にはいました。
私自身それは仕方がない事だとと思っています。
私たちベストラインは目標と夢を信じ日々前進していますが、この目標と夢は私たちにとって正しいと思うことであり求人者たち全員に正しいことだだとは思いません。
物事の考えや行動が違うことはごく当たり前のことです。
ただ退職者さんたちの記憶の中にまたご家族様の記憶の中に少しでベストラインという会社はほんといい会社だったねと。。。言ってもらいたい。

もしどこかで会うことがあれば「元気?」と気軽に声をかけたい…..少しの間でも共に働いた仲間(戦友)として絆を大事にしていきたいと思います。
そしてもし運送の依頼があるんだとしたらどこの運送会社がいい?と聞かれれば間違いなしに「ベストライン」って言ってもらえる会社にしていきたいと思います。